FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)

P1060362.jpg
2010年9月18日(土)~20日(日)
白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)縦走に行ってきました。
2週間前のジャンダルム登頂後、思うところがあって、しばらくは登山から遠ざかろうと思ってましたが、また山に来てしまいました。
なお、登山でのテント泊デビューです。

第1日
芦安~(バス)~広河原~二俣~北岳肩ノ小屋
第2日
北岳肩ノ小屋~北岳~中白根山~間ノ岳~西農鳥岳~農鳥岳~大門沢下降点~大門沢小屋
第3日
大門沢小屋~南アルプス街道~奈良田温泉~(バス)~広河原~(乗合タクシー)~芦安

P1060257.jpg
9月18日
芦安駐車場に車を置いて、バスで広河原まで移動。広河原は登山客でいっぱい。

P1060258.jpg
広河原インフォメーションセンターを6時55分に出発して登山開始。

P1060259.jpg
北岳が見えた。天候はまずまず。

P1060260.jpg
まずは吊橋を渡り登山道に向かいます。

P1060261.jpg
しばらくは大樺沢沿いを歩きます。

P1060264.jpg
結構、お花が咲いています。

P1060266.jpg
9時50分、二俣(右俣コースと左俣コースの分岐)。急にガスが押し寄せてきた。

P1060270.jpg
12時30分、北岳肩ノ小屋方面と小太郎尾根の分岐。

P1060275.jpg
雷鳥の大群(10羽以上)に遭遇!

P1060276.jpg
雷鳥。

P1060278.jpg
山小屋までもう少し。

P1060280.jpg
13時5分、北岳肩ノ小屋に到着。
当初、本日中に北岳登頂した後に北岳山荘でテント泊予定でしたが、一面ガスで雨の可能性もあったため、本日はここまで。

P1060282.jpg
テント場はこんな感じ。友人が所有しているテント張りを手伝います。

P1060281.jpg
本日の宿、完成!初めての登山テント泊。
2~3人用テントに3人で寝ます。

P1060287.jpg
赤ワインで乾杯。

P1060296.jpg
9月19日
5時30分、鳳凰三山の後ろに御来光。

P1060300.jpg
富士山が見えた!

P1060294.jpg
甲斐駒ヶ岳。今日は良い天気になりそうだ。

P1060317.jpg
6時15分、北岳山頂(目の前)を目指し出発。

P1060324.jpg
山頂が見えた!

P1060337.jpg
6時50分、標高3193M、北岳山頂に到着。日本で富士山に次いで高い山頂。

P1060328.jpg
北岳山頂の三角点。

P1060332.jpg
北岳山頂から見た鳳凰三山。

P1060344.jpg
鳳凰三山の地蔵岳のオベリスク。

P1060338.jpg
北岳山頂から見た仙丈ケ岳(左側)と甲斐駒ヶ岳(右端)。

P1060342.jpg
次は、目の前に見える間ノ岳を目指します。

P1060353.jpg
7時55分、北岳山荘に到着。

P1060357.jpg
後ろを振り返って見た北岳。

P1060359.jpg
中白根山山頂は目前。

P1060361.jpg
8時50分、標高3055M、中白根山山頂に到着。

P1060363.jpg
中白根山山頂から見た間ノ岳。

P1060375.jpg
中白根山と間ノ岳の間から振り返った景色(ベストショット)。左から仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳(奥)、北岳。

P1060385.jpg
10時、標高3189M、間ノ岳山頂に到着。日本第4位の高峰です。
写真中央の北岳(右側)と甲斐駒ヶ岳(左側)。

P1060389.jpg
北岳(中央)、甲斐駒ヶ岳(左奥)をバックに、間ノ岳山頂の三角点。

P1060396.jpg
次は、農鳥岳を目指します。

P1060403.jpg
11時5分、農鳥小屋に到着。有名な農鳥おやじは、何故かヘッドランプ付きヘルメットを被っていました。

P1060402.jpg
農鳥小屋から見た間ノ岳。

P1060419.jpg
農鳥岳山頂が見えてきた。バックに富士山が!

P1060426.jpg
13時5分、標高3026M、農鳥岳山頂に到着。奥に見えるのは間ノ岳。

P1060428.jpg
農鳥岳山頂から見た塩見岳。

P1060442.jpg
13時55分、大門沢への分岐。

P1060451.jpg
17時10分、大門沢小屋に到着。

本日もテント泊です。

P1060453.jpg
9月20日
7時20分、大門沢小屋を出発。

P1060457.jpg
何回か渡渉があります。

P1060462.jpg
渡渉。

P1060468.jpg
吊橋1。

P1060473.jpg
吊橋2。

P1060476.jpg
吊橋3。

P1060481.jpg
11時10分、奈良田温泉にある奈良田の里温泉に到着。

P1060482.jpg
女帝・孝謙天皇ゆかりの女帝の湯です。温泉に入って3日間の疲れをとるぞー。

P1060483.jpg
風呂上がりに一杯。

P1060484.jpg
山梨と言えば猪。イノシシの煮込み。

P1060485.jpg
山梨と言えば、ほうとう。

P1060487.jpg
13時25分発のバスで、広河原に戻ります。

1日目に我慢して先に進まなかったことが功を奏し、2日目に北岳から農鳥岳までの絶景稜線を歩くことができ、大満足の登山でした。南アルプスもいいもんだ。
それにしてもテントの荷物は重そうだし、最近は重いザックを背負うと肩が痛くて腕もしびれるし、腰にも不安を抱える自分にはテントを背負っての縦走は難しいかな。この時はテント泊否定派でした。
スポンサーサイト

ジャンダルム(奥穂~西穂)

P1050875.jpg
2010年9月4日(土)、5日(日)
一般縦走路の最上級ルートと言われ、一般登山者のあこがれであるジャンダルムに行ってきました。
5日前の北海道登山(幌尻岳、十勝岳、トムラウシ山)で、気力・体力・技術力が熟してきたと感じ、今しかないと思い、一つの目標にしていたジャンダルム登頂を決意しました。
久しぶりの単独行です。

9/4
上高地→岳沢→岳沢ヒュッテ→重太郎新道→奥穂高岳→穂高岳山荘
9/5
穂高岳山荘→奥穂高岳→ジャンダルム→西穂高岳→西穂高山荘→新穂高ロープウェイ→新穂高温泉

P1050784.jpg
2010年9月4日(土)
6時30分に上高地バスターミナルから歩き始めます。6時35分、河童橋到着。恒例の河童橋からの穂高方面の景色。よい天気になりそうだ。

P1050786.jpg
6時45分、穂高・岳沢登山路入口。いざ登山開始!

P1050788.jpg
穂高方面の景色。最高の天気だが、暑いにもほどがある!

P1050794.jpg
8時15分、岳沢ヒュッテ到着。今日の山行は時間的に余裕があるので、ここでゆっくり休憩。

P1050801.jpg
結構きつかった重太郎新道を登り終え、10時40分、紀美子平(奥穂、前穂、岳沢の分岐)に到着。

P1050803.jpg
4週間前に登頂したばかりの奥穂高岳を目指します。

P1050809.jpg
涸沢カールと常念岳。

P1050812.jpg
おおー、槍ヶ岳。

P1050816.jpg
奥穂高岳の山頂が見えてきた。

P1050819.jpg
明日登るジャンダルムが見えた。

P1050821.jpg
12時10分、標高3190M、奥穂高岳山頂に到着。4週間前に来たばかりで、いまいち感動が・・・。

P1050824.jpg
明日進むコースの状況を確認。

P1050826.jpg
ジャンダルム、どう登ろう?

P1050835.jpg
12時40分、本日の宿(4週間前にも泊まった)穂高岳山荘に到着。目の前に涸沢岳がよく見える。
山荘に早く着いたので、一人一畳のスペースでゆったり(遅い人は一人半畳だったようです)。

ストレッチマニアのおやじにストレッチを教わり、山荘の同室の人と3人でストレッチしながら、明日に備えてとにかく休息。

P1050840.jpg
2010年9月5日(日)
朝食として弁当(恒例の飛騨名物「朴葉ずし」)を食べ、5時に穂高岳山荘を出発。まずは、目の前の奥穂高岳を登り返します。

P1050843.jpg
登り始めて間もなく、御来光。

P1050844.jpg
富士山と八ヶ岳がよく見える。今日もよい天気になりそうだ。

P1050846.jpg
いよいよジャンダルムが見えてきた。

P1050849.jpg
5時35分、奥穂高岳山頂付近のジャンダルム・西穂高岳方向の分岐に到着。

P1050851.jpg
いざ、ジャンダルム登頂目指し出発!

P1050857.jpg
かなり興奮してきた。昨日のストレッチにおかげで疲労は無い。体も軽い。今後は、登山後に必ずストレッチをしよう。

P1050858.jpg
馬の背、ロバの耳、ジャンダルムの順に進みます。

P1050859.jpg
まずは馬の背。

P1050861.jpg
かなり浮き石が多そうだ。落石させないように注意しよう。

P1050862.jpg
馬の背も終盤。

P1050863.jpg
下りは要注意!

P1050865.jpg
怖がらずに、狭い岩場に足を置けば大丈夫。

P1050869.jpg
馬の背を越えて、一休みしている登山者達。

P1050872.jpg
ロバの耳に向けて出発。まずは下り。ここの下りが最も落石しそうな所。慎重にゆっくりと。

P1050873.jpg
今にも落石しそう。前の人は落石させてしまい、その前の人にかなり怒られていました。

P1050876.jpg
ロバの耳への登り口が見えてきた。

P1050879.jpg
慎重に下りるガイドさんと登山者。ちょっと渋滞気味。これを下りれば、下りは終わり。

P1050881.jpg
目の前のロバの耳の中間部を登る登山者。

P1050882.jpg
さあ、ロバの耳を登ります。

P1050886.jpg
見上げるとこんな感じです。

P1050887.jpg
鎖もあり、大丈夫。

P1050889.jpg
ちょっと渋滞気味。

P1050890.jpg
鎖場をトラバース。

P1050897.jpg
更に登り、この鎖場を登って反対側に下ります。

P1050900.jpg
反対側に出ると、ジャンダルムが見えた!

P1050899.jpg
この鎖場を下り、

P1050903.jpg
目の前の岩山を右に巻いて越えると、

P1050906.jpg
目の前にジャンダルムが!意外と小さく感じる。この垂直の壁面を登れば山頂。この壁を登りたくてたまらなかったが、帰りのバスの時刻もあり先を急いでいたため、左に迂回して西穂側から登ります(後でちょっと後悔)。

P1050907.jpg
山頂への迂回路。

P1050910.jpg
迂回路を進むと西穂とジャンダルムの分岐に到着。ここにザックを置いてジャンダルムに登頂する人もいるようだ。

P1050911.jpg
西穂側からジャンダルム山頂に向けて最後のアタック。山頂は目の前(3分位)。

P1050919.jpg
6時20分、標高3163M、ジャンダルム山頂に到着。感無量!

P1050921.jpg
ジャンダルム山頂から見た奥穂高岳。

P1050923.jpg
ジャンダルム山頂で喜び合う登山者たち。

P1050920.jpg
ジャンダルム山頂から見た西穂高岳方面。あまり時間もないので急いで西穂高岳に向けて出発。

P1050927.jpg
振り返るとジャンダルムが!登ったんだなー。改めて感無量。

P1050931.jpg
さあ、気を引き締めて目の前の西穂高岳を目指そう!

P1050945.jpg
7時10分、天狗のコル(岳沢ヒュッテ側への分岐)に到着。

P1050957.jpg
7時25分、天狗岳山頂。

P1050963.jpg
間ノ岳が見えてきた。

P1050964.jpg
意外ときつい登り。

P1050965.jpg
7時50分、間ノ岳の山頂(ペンキで岩に間ノ岳と書かれている)。

P1050973.jpg
これが赤石岳だろうか。
ここから西穂独標までの間、十数人の人に何度も声をかけられた。「我々も今後ジャンダルムに行く予定です。パワーをください」と複数の人に握手を求められたり、「ジャンダルム行ってきたのー。すごーい」、「5時に穂高山荘を出発してこんなに早くここまで来たの!この人すごーい。」などと言われ、てれくさく、はずかしかった。

P1050975.jpg
西穂高岳山頂が見えてきた。人がいっぱいいる。

P1050976.jpg
8時40分、標高2909M、西穂高岳山頂に到着。

P1050977.jpg
西穂高岳山頂から見た奥穂高岳(左)、前穂高岳(中央)

P1050978.jpg
西穂高岳山頂から見た槍ヶ岳。

P1050980.jpg
下山方向の景色。

P1050986.jpg
9時10分、ピラミッドピークから見た西奥穂高岳。

P1050989.jpg
西穂独標が見えてきた。

P1050990.jpg
9時25分、西穂独標。

P1050997.jpg
10時、丸山。ここまで来ると、観光客も含めて人がいっぱい。

P1060003.jpg
10時10分、西穂山荘に到着。ちょっと一休み。今日も暑い!

P1060005.jpg
新穂高ロープウェイまでは大渋滞。観光客が多い!
この後、飛ばし過ぎたせいで、バテてペースダウン(人が多かったせいもあるが)。

P1060009.jpg
11時05分、新穂高ロープウェイの西穂高口駅に到着。疲れたー。久しぶりにバテました。
さあ、ロープウェイで下山だー。

P1060010.jpg
11時35分、新穂高ロープウェイの新穂高温泉駅に到着。

P1060011.jpg
バスの時間に間に合うように奥穂高岳から急いで下りてきたが、予想よりもかなり早く着き過ぎてしまった。
新穂高温泉 奥飛騨の湯で、ゆっくりして帰ります。

2年前に剱岳登頂で登山デビューし、昨年から本格的に登山を始め、ジャンダルム登頂を一つの大きな目標としていたが、ついに達成してしまった。はっきり言って、個人的には全く大したことなく、難なく容易に登頂してしまった。目標を失ったのと、ジャンダルムが期待外れだったのとが合わさり、しばらく登山から遠ざかろうと思います。(少なくとも、ジャンダルム登頂直後は、そう思っていました)

余談ですが、
帰りのバスに乗車中、バス目の前のロードサイクリングを運転している人がいきなり転んで、間一髪でバスが急停車しましたが、もう少しで転倒した人を引き殺しそうになり、ひやっとしました。前から感じていましたが、日本の道路において、どっちが良い悪いではなく、車とロードサイクリング自転車の関係は危険です。

プロフィール

なびょん

Author:なびょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。