FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳(北鎌尾根)

CIMG4974.jpg
2011年9月23(金)~25(日)、槍ヶ岳の北鎌尾根に行ってきました。初めての北鎌尾根を単独行です。
第1日
上高地~水俣乗越~天上沢~北鎌沢出合(テント泊)
第2日
北鎌沢出合~北鎌のコル~独標~槍ヶ岳~槍平小屋(テント泊)
第3日
槍平小屋~新穂高温泉

CIMG4758.jpg
2011年9月22日(木)の夜、松本駅前のホテルニューステーションに宿泊。タイムリミット6時間滞在で3700円、大浴場のあるすばらしいホテルです。

CIMG4759.jpg
2011年9月23日(金)
松本駅4時45分発の電車で新島々駅に行き、バスに乗り継ぎ(ちょっとバスが遅れました)、6時40分に上高地に到着。ものすごい混雑。

CIMG4763.jpg
6時55分、上高地を出発。肌寒く、霞で視界不良。

CIMG4764.jpg
7時35分、明神館。ここも大混雑。霞も消え、晴れです。

CIMG4767.jpg
9時、横尾山荘。うう、懐かしい!苦い思い出がよみがえる!!
ちょと長めの休憩をして9時20分、出発。

CIMG4772.jpg
10時30分、槍沢ロッヂ。

CIMG4774.jpg
槍沢ロッヂを過ぎると、槍ヶ岳の穂先が見えた!

CIMG4775.jpg
11時、ババ平の槍沢キャンプ地。
なんと、1ヶ月前に剱岳北方稜線に行った時に、阿曽原温泉テント泊で一緒だった青年と遭遇。相変わらず彼は単独行か。再会を喜び合うも、先を急ぎます。

CIMG4776.jpg
11時25分、槍沢大曲。相変わらず、槍沢は暑い!
次は水俣乗越を目指します。

CIMG4783.jpg
まずまずの急登を終え、水俣乗越が見えた!

CIMG4785.jpg
12時30分、水俣乗越。さて、休憩するか。結構人が来て、乗越には15人位。

CIMG4787.jpg
12時分50分、正面(北)に見える天上沢に向かって、ひたすら下り続けます。

CIMG4795.jpg
最初は急な下りで、地面は緩んだ砂利道。歩きにくく、皆、落石しまくり。

CIMG4810.jpg
水俣乗越から30分ほど下ると、北鎌尾根の全貌が見えた!左が槍ヶ岳、右が独標。

CIMG4808.jpg
槍もはっきり見える!

CIMG4812.jpg
それにしても独標は存在感があるなー。

CIMG4814.jpg
長いガレた下りです。

CIMG4819.jpg
振り返って見た、水俣乗越のある東鎌尾根。

CIMG4821.jpg
ヘリが近づいて来たので何事かと思ったら、天上沢でテントを張っていた女性達が、必死に赤タオルを振っている!テントの中の仲間が軽い滑落をして胸を打ち、恐らくアバラを骨折して動けない模様。

CIMG4828.jpg
ヘリで救助。気をつけよう・・・。

CIMG4832.jpg
14時40分、天上沢の北鎌沢出合。今日はここでテント泊です。

CIMG4829.jpg
明日登る北鎌沢。

CIMG4831.jpg
本日の宿(テント)完成。我ながら良いテント場を見つけました。

CIMG4833.jpg
夕食のインスタントラーメン。やることないので、とっとと寝ます。


CIMG4835.jpg
9月24日(土)、4時起床。テント内の結露水が凍ってます。5時20分、出発。北鎌沢を登ります。石が滑って登りにくい!沢の水を避けるように何十回も渡渉を繰り返します。

CIMG4838.jpg
沢の分岐を右に行き(分岐が分かりにくい!)、北鎌沢右俣を登ります。登り始めて40分位して振り返って見たところ。結構来たなー。

CIMG4841.jpg
よし、北鎌のコル付近が見えた!と思ったところ、右側の沢から人声と5人位のヘルメットが見えるではないか!!!うぎゃー間違った!と思い来た道を下り、右の沢へ登り返します(しかし、実は私のルートで正解でした)。20分位の時間ロス。精神的にものすごい疲労感が・・・。

CIMG4843.jpg
7時20分、北鎌のコルの少し北側にあるコルに到着。休憩タイム。
コルにいる人たちから、私が最初に進んだルートが北鎌のコルに直接上がるルートで、本来の正しいルートであることを聞いて、疲労から解放され元気がみなぎってきました。こっちのルートの方が歩きやすいそうです(個人的には変わらないと思います)。北鎌沢は結構急登で疲れたー。北鎌尾根において、疲れるという意味では、この北鎌沢登りが核心部だと思います。

先に進み、北鎌のコルで休憩中の、私より少し年上に見える夫婦と一会話。
「あれ、早いペースで随分先に行っていたと思ったのに、どうしたの」と言われ、この夫婦を含めて他の人たちが違う沢を登っているの見て、登り返したことを話すと、「自分は前回、そのルート(私が登ったルート)を登ったが、ザレて登りにくいので、こっちのルートを選んだ。こっちの方が登りやすかったでしょう。」と笑ってました。
この後、この夫婦とは抜きつ抜かれつしながら、結果的に山頂まで行くことになりました。

CIMG4852.jpg
北鎌のコルを通過して、独標目指して進みます。踏み跡があり、道迷いの心配なし!

CIMG4854.jpg
天狗の腰掛までもう少し。

CIMG4864.jpg
8時25分、天狗の腰掛。独標をバックに記念撮影。
例の夫婦に、初北鎌尾根・単独行であることを告げると、「よく初めてで、単独行でくるなー」とビックリしていました。ガイドツアーの年配女性団体からは、「えらい!」と頭をなでられました(息子のように思えたのだろうか)。

CIMG4873.jpg
いよいよ独標が目の前に。

CIMG4880.jpg
ルートを間違って、危険な所を登っている人たち。ここが一番迷いました。他の人も迷ってました。

CIMG4881.jpg
一見、正解に見えるルート。私もこのルートを行きました。しかし、もっと簡単なルートがあったのです。

CIMG4887.jpg
正解ルートではないため、登り返すことになります。

CIMG4889.jpg
登り返さずに、正解ルートを簡単に進む人たち。

CIMG4894.jpg
崖部分もロープがあるので大丈夫。

CIMG4899.jpg
踏み跡が分かりやすく問題なし。

CIMG4905.jpg
振り返って、自分が進んできたルートを確認。

CIMG4908.jpg
独標頂上を目指し、崖を登ります。急に見えますが、実際に登ると大したことありません。

CIMG4922.jpg
独標頂上までもう少し。

CIMG4925.jpg
9時45分、標高2899M、独標の頂上。独標頂上は双耳ですが、高い方の岩上で、槍ヶ岳をバックに記念撮影。
例の夫婦から「登りも早いし、見てると全く休憩しないで、食事・水分もとってないよねー。」と言われ、「休憩はとっても5分位で、そんなに食事もとらず、水は1日1リットルあれば大体足りるけど1日当たり2リットル以上は持っていく」と答えると、これまたビックリされて「うらやましい」と言われました。

CIMG4927.jpg
独標から見た槍ヶ岳へ向かう北鎌尾根。天候に恵まれて、今日は終日ほぼ快晴でした。独標からの360度すばらしい景色をご覧ください。

CIMG4928.jpg
槍ヶ岳のアップ!

CIMG4938.jpg
登ってきた北鎌尾根。

CIMG4943.jpg
大天井岳を中心とする表銀座。

CIMG4951.jpg
裏銀座のうち、西鎌尾根から双六岳までの稜線。左奥には笠ヶ岳。

CIMG4946.jpg
手前は硫黄尾根(左が赤岳、右が硫黄岳)。奥は双六岳(左)から水晶岳(中央)、赤牛岳(右)へと続く尾根。

CIMG4950.jpg
裏銀座の双六岳。1ヶ月半前にこの辺に来ました。

CIMG4949.jpg
同じく1ヶ月前に登頂した裏銀座の鷲羽岳(左)、そして水晶岳(右)

CIMG4953.jpg
更に北に目をやると、奥に剱岳が!剱は自分にとって最も思い出深い山です(人生最初の登山、そして最初のバリエーションルート単独行も北方稜線)。

CIMG4934.jpg
鹿島槍ヶ岳をはじめとする後立山。

CIMG4941.jpg
南アルプス。左端に富士山。

CIMG4954.jpg
東鎌尾根と奥に見える穂高。

CIMG4958.jpg
絶景を堪能して、10時10分、いざ槍ヶ岳に向けて出発。

CIMG4963.jpg
北鎌尾根は下ったり、

CIMG4991.jpg
登ったりの繰り返し。

CIMG5015.jpg
槍に大分近づいてきた。

CIMG5012.jpg
振り返ると独標から登ってきた道が一望できる。

CIMG5014.jpg
頑張ります!

CIMG5018.jpg
北鎌平が見えた!
この間、何人もの人に「登りが早いねー」と言われ(皆、人の行動を良く見てるなー)、ここからはゆっくり進むことにします。

CIMG5025.jpg
11時55分、北鎌平に到着。結構早く着いたので、景色を見ながら大休憩。

CIMG5027.jpg
北鎌平からの景色。大天井岳から常念岳までの稜線。

CIMG5029.jpg
大天井岳のアップ!

CIMG5028.jpg
常念岳のアップ!

CIMG5030.jpg
燕岳。

CIMG5026.jpg
景色を堪能して、12時10分、さあ槍の穂先に向けてアタック!

CIMG5040.jpg
徐々に近づく槍。

CIMG5047.jpg
また近づいた槍。

CIMG5056.jpg
振り返って見た、登ってきた尾根。

CIMG5058.jpg
今朝出発した、北鎌沢出合の辺りが見えた。

CIMG5062.jpg
水俣乗越のある東鎌尾根も良く見えます。

CIMG5063.jpg
水俣乗越には、明日、北鎌尾根を登ろうという人たちがたくさんいます。頑張って!その先の天上沢への下りは大変だぞー。

CIMG5068.jpg
またまた槍が近付いた。

CIMG5072.jpg
いよいよ、槍穂先の足元です。どう登ろう?向かって左を登ります。

CIMG5075.jpg
相変わらず表銀座や常念岳の稜線がよく見えます。本当に天気に恵まれたなー。

CIMG5077.jpg
見た目以上に簡単な登りです。

CIMG5086.jpg
最終アタックは、結構厳しいロッククライミング。前を行くガイドツアーは安全確保して慎重です。このツアー参加の女性は72歳とのこと(すごい!)。
ちょっと渋滞。

CIMG5092.jpg
ここが核心部。前を行くガイドの人は、ここで転落する人を何度も見た、と言っています。

CIMG5093.jpg
ガイドツアーの人たちも登り終え、いよいよ登ります。見た目以上に難しいクライミングです。

CIMG5095.jpg
そして、ここを登ると・・・

CIMG5097.jpg
大勢の人が見えた!ついに来たーーーーー!

CIMG5098.jpg
山頂目前!

CIMG5099.jpg
13時20分、標高3180M、槍ヶ岳山頂に到着。ものすごい人だ!

CIMG5101.jpg
山頂で記念撮影。地味なポーズをしていたら、例の夫婦から、もっとはでなポーズを要求され、調子にのってしましました。

CIMG5105.jpg
槍ヶ岳山荘の方を見下ろすと、長蛇の列が!山荘から山頂まで人が少なければ30分のところ、1時間30分もかかるそうです。混雑時には、もう山荘から登頂するのはやめよう・・・。

CIMG5106.jpg
山頂が混雑しており、景色は既に北鎌尾根から十二分に堪能したので、早急に下山しよう。

CIMG5108.jpg
山頂からの下山途中から見た、槍ヶ岳から穂高に続く稜線。なつかしい!

CIMG5111.jpg
13時45分、槍ヶ岳山荘に到着。

CIMG5110.jpg
槍ヶ岳の絶景だが・・・。相変わらず長蛇の列・・・。

CIMG5113.jpg
槍ヶ岳は完全に観光地化している・・・。

CIMG5117.jpg
山荘前は大勢の人だかりなので、休まず槍平小屋に行こう。大喰岳(おおばみだけ)方面に向かいます。

CIMG5118.jpg
13時55分、飛騨乗越。

CIMG5120.jpg
大天井岳から常念岳の稜線も見納めです。さらば、北アルプスの絶景!

CIMG5121.jpg
千丈分岐点まで、ひたすらガレ場を下ります。

CIMG5128.jpg
おっ!目の前に笠ヶ岳が見えた。

CIMG5125.jpg
14時40分、千丈分岐点に到着。飛騨乗越方面を見上げたところ。

CIMG5130.jpg
15時35分、槍平小屋に到着。千丈分岐点を過ぎたところで、トレラン風の健脚者に抜かれ、何となくその人について行ったら、結構早く着いてしまった。

CIMG5131.jpg
本日の宿(テント)完成。

CIMG5132.jpg
今日も夕飯はインスタントラーメン。

CIMG5135.jpg
9月25日(日)。昨夜寒いと思ったらテントが凍ってました。
朝食はアルファ米の五目飯と味噌汁。

CIMG5136.jpg
6時、槍平小屋を出発。

CIMG5138.jpg
ひたすら右俣谷の沢沿いを下ります。

CIMG5142.jpg
6時30分、滝谷避難小屋。

CIMG5144.jpg
7時10分、白出沢出合。ここからは整地された砂利道です。

CIMG5149.jpg
7時40分、穂高平小屋。

CIMG5151.jpg
急な下りを越え、

CIMG5152.jpg
舗装道に出ます。

CIMG5155.jpg
ゲートを通過し、
CIMG5157.jpg
8時10分、新穂高温泉に到着。8時55分発のバスで平湯温泉に向かいます。

CIMG5158.jpg
9時30分、平湯温泉バスターミナルに到着。アルプス街道平湯にある天然温泉スカイガーデン(露天付)の温泉で、3日間の疲れをとるぞー。

CIMG5160.jpg
そして、アルプスフォンというお店で、高山ラーメン(醤油)をいただきました。しまった、またラーメン・・・。
夕方前に帰宅できたので、テントを干そう。

天気に恵まれ、景色も最高、北鎌尾根は本当に気持ちの良い稜線でした。久しぶりに心から楽しむことができました。本当に楽しかったー。こんなにも、また行きたいと思ったことはないと思います。
また、念願の、有名な2大バリエーションルートの剱岳北方稜線、槍ヶ岳北鎌尾根(勝手にそう思ってます)の単独行を制覇し、感無量です。そして、またしても目標を失いつつあります。今後は、ゆっくりと時間をかけて日本百名山ハンターになろうかな・・・。

以下、あくまで個人的な感想です。

北鎌尾根は、天候に恵まれれば稜線上で道迷いすることはないでしょう。ガスっても稜線に分岐はなく、予定コースタイムも短いので、体力があれば問題ないでしょう。どちらかと言うと、稜線に出るまでの北鎌沢の登りの方が道迷いしやすく難しいと思います。ただし、山頂アタックのロッククライミングは、普通の一般登山者以上の技術と体力が必要です。イメージとしては、剱岳の簡単な鎖場を鎖を使わず登るという感じでしょうか(カニのタテバイは無理ですが)。すくなくともオベリスク位は登れる腕力・度胸は必要だと思います。技術、体力に自信があれば基本的にロープは不要です(当然持参した方が良いと思いますが・・・)。ガイドツアー以外でロープを使っている人はいませんでした。途中、何人もの人に「よく初めての北鎌尾根に単独行で来るなー」と言われたので、ちょっと戸惑いました(同じような人がもっといると思ってました)。

剱岳北方稜線では、当日、池の平山を登ったということもありましたが、ガスで道迷いして15時間山行となり、池の平山から剱岳山頂を目指す人が他に誰もいなかったので、怖い思いをしました。今回もバリエーションコースなので、大分緊張感をもってのぞみましたが、ちょっと拍子抜けしました。当日は30人位の人が北鎌尾根を登っていおり、話し合える仲間ができたこともあり、安心感があったのだと思います。でもやっぱり、天候に恵まれたことが大きいかな。

最後になりますが、当日北鎌尾根にいた方にお詫びです。
ヘルメットを忘れてしまい、申し訳ございません(決してナメていたわけではありません!)。

それにしても、本当にまた行きたい!!!
スポンサーサイト

美ヶ原

CIMG4739.jpg
2011年9月19日(月)、美ヶ原に行ってきました。

昨日は四阿山に登り、菅平高原ファミリーオートキャンプ場にテント泊です。3連休最終日の今日、どこに行こうか協議の結果、美ヶ原を散策することに決定。

CIMG4679.jpg
6時15分、珍しく山では遅い起床です。

CIMG4680.jpg
テント場で、朝食調理中。

CIMG4683.jpg
朝食はラーメン(メンマ、チャーシュー、ネギ入り)、サラダ、巨砲。そして食後のコーヒー。

CIMG4684.jpg
お世話になったキャンプ場を出発して上田駅前を通過。上田城跡を通りましたが、跡は見えず残念。

CIMG4686.jpg
10時35分、美ヶ原高原美術館に到着。

CIMG4688.jpg
美術館の野外彫刻。

CIMG4692.jpg
11時、美ヶ原パノラマコースに向け、美ヶ原高原美術館を出発。ハイキング気分で、軽装です。

CIMG4693.jpg
最初は木道を進みます。標高が高いため日差しは強いのですが、気温は低く、汗は出ません。しかし、結果的にかなり日に焼けました。

CIMG4701.jpg
おおー、八ヶ岳連峰連峰(写真左)と南アルプス連峰(写真右)の絶景。

CIMG4715.jpg
八ヶ岳連峰連峰のアップ。左側は蓼科山(たてしなやま)、右端に富士山。

CIMG4709.jpg
蓼科山のアップ。印象に残る形です。

CIMG4699.jpg
南アルプス連峰のアップ。

CIMG4702.jpg
11時15分、標高1990M、牛伏山に到着。

CIMG4711.jpg
のどかな景色です。

CIMG4713.jpg
牛と撮っちゃおう!

CIMG4716.jpg
11時35分、美しの塔

CIMG4721.jpg
昨日に引き続き、牧場を進みます。八ヶ岳をバックに牛たち。

CIMG4718.jpg
馬たち。

CIMG4719.jpg
優しそうな馬。

CIMG4726.jpg
王ヶ頭までもう少し。

CIMG4735.jpg
おおー、富士山。

CIMG4734.jpg
王ヶ頭ホテルの向こう側に行くと、

CIMG4736.jpg
王ヶ頭(おうがとう)に到着。

CIMG4740.jpg
12時10分、標高2034M、美ヶ原の王ヶ頭。日本百名山です。奥に見えるのが王ヶ鼻。

CIMG4742.jpg
12時30分、標高2008M、王ヶ鼻に到着。

CIMG4745.jpg
王ヶ鼻の石仏。

CIMG4747.jpg
記念撮影。

CIMG4743.jpg
屈辱のポイポイポイ(あやまんJAPAN)をやらされた、王ヶ鼻の断崖。この断崖にて3人でポイポイポイをやっていたので、観光客の冷たい視線にさらされました。

さて、美ヶ原美術館に戻ります。

CIMG4749.jpg
振り返って見た王ヶ頭と王ヶ鼻。屈辱の断崖が見える。

CIMG4751.jpg
山本小屋ふる里館で休憩。こけももソフトクリーム。甘酸っぱいモモと、甘いバニラの絶妙なコラボ。こけももは、美肌効果があります。

CIMG4752.jpg
美ヶ原美術館の野外彫刻に戻ってきました。結構、疲れたー。

CIMG4754.jpg
14時15分、美ヶ原美術館に到着。写真はアモーレの鐘。毎時、鐘が鳴ってました。

CIMG4755.jpg
腹減ったー。美ヶ原美術館2階の展望レストラン「和食処 麻の葉」で信州そばを頂きました。さて、帰るか。

CIMG4756.jpg
ビーナスラインから見た霧ヶ峰(車山)。

この3連休、当初は天気が悪いということで登山・キャンプの予定を一旦は中止にしましたが、結局は全日程晴れて、めいっぱい登山・キャンプを楽しみました。そして、北アルプスから南アルプスまで、絶景を堪能。
しかし、屈辱のポイポイポイが・・・。

四阿山

CIMG4670.jpg
2011年9月18日(日)、四阿山(あずまやさん)に行ってきました。
写真は菅平キャンプ場からの景色。右側が四阿山、左側が根子岳(ねこだけ)。
山頂、山腹、山麓からの北アルプスの景色は絶景でした。

当初、3連休は会津駒ヶ岳に登山とキャンプをしに行く予定でしたが、台風・前線の影響で全国的に雨予報ということで、中止にしました。
ところが9月17日(土)になり、長野県上田市の天気がよさそうだということで四阿山に行くことを決意。急遽、午後1時30分頃都内を出発です。遊びとなると、すごい機動力だ!


CIMG4521.jpg
2011年9月17日(土)17時30分、菅平高原ファミリーオートキャンプ場に到着。レタスを一玉もらいました。

CIMG4525.jpg
友人が購入したタープを張り、火起こし・調理をして乾杯する頃には、あたりは真っ暗です。

CIMG4527.jpg
バーベキューです。自分で調理して串刺しにした焼き鳥と野菜。

CIMG4529.jpg
牛肉と野菜。

CIMG4522.jpg
地酒どぶろく「渓流どむろく」。生の原酒で、結構な発泡具合です。美味しかったー。
酒宴は続き、就寝したのは23時30分頃。

CIMG4530.jpg
9月18日(日)5時25分、菅平牧場の駐車場に到着。まずまずの天気です。

CIMG4539.jpg
5時55分、駐車場を出発。しばらくは舗装道を歩きます。

CIMG4541.jpg
牧場を見ながらの登山もいいものです。

CIMG4543.jpg
6時、四阿山登山口に到着。中四阿経由で山頂を目指します。さあ、登山開始。

CIMG4545.jpg
渡渉。

CIMG4546.jpg
開けたところに出ました。ちょっと、小休止。気持ちの良い登山道です。

CIMG4549.jpg
先に進み、振り返ると北アルプスが見えた!

CIMG4552.jpg
槍・穂高の稜線がバッチリ見えます。

CIMG4557.jpg
何度も振り返って北アルプスを見てしまいました。

CIMG4561.jpg
北アルプスの絶景。

CIMG4563.jpg
鹿島槍ヶ岳(左の双耳峰)と五竜岳(右)。

CIMG4569.jpg
鹿島槍ヶ岳(双耳峰)の左後ろには剱岳が!1ヶ月前に行った北方稜線の山行を思い出して、少し感動。

CIMG4572.jpg
松虫草(マツムシソウ)。

CIMG4573.jpg
7時55分、中四阿に到着。

CIMG4576.jpg
先に進み、振り返ると中四阿がよく見えます。そして、その奥には北アルプス。

CIMG4580.jpg
左を見ると、根子岳です。

CIMG4581.jpg
おっ、富士山!

CIMG4584.jpg
四阿山の山頂付近が見えてきた。

CIMG4586.jpg
根子岳との分岐。山頂までもう少し!

CIMG4587.jpg
最後の階段を上って、

CIMG4588.jpg
祠が見え、「よし、山頂到着」と思いきや、偽山頂でした。危なくリーダーに騙されて(笑)、山頂に立たずに引き返すとこでした。

CIMG4593.jpg
8時55分、標高2354M、四阿山の山頂に到着。

CIMG4598.jpg
とりあえず、山頂で記念写真。

CIMG4605.jpg
山頂から見た後立山連峰。

CIMG4606.jpg
山頂から見た浅間山。

CIMG4616.jpg
次は根子岳を目指します。

CIMG4629.jpg
四阿山を西に下ります。濡れていて滑りやすい結構急な下り。

CIMG4631.jpg
両膝前十字靱帯の再建手術から復帰した友人も頑張ってます。リーダーより早いスピードで下ってます。

CIMG4633.jpg
ようやく鞍部に出て、根子岳に登ります。気持よさそうな山腹です。

CIMG4637.jpg
振り返って見た四阿山。

CIMG4641.jpg
根子岳の一つ目のピークから見た四阿山。

CIMG4643.jpg
山頂までもう少し。

CIMG4644.jpg
10時40分、標高2207M、根子岳の山頂に到着。根子岳は花の百名山です。

CIMG4651.jpg
またもや記念撮影。

CIMG4652.jpg
さあ、菅平スキー場、そして北アルプス方面に向かって下山します。

CIMG4656.jpg
振り返って見た根子岳。

CIMG4657.jpg
駐車場までもう少し。いやーいい天気だ。

CIMG4658.jpg
12時15分、菅平牧場の駐車場に到着。

CIMG4663.jpg
菅平牧場でソフトクリームを食べよう!

CIMG4661.jpg
ブルーベリーヨーグルトとバニラのミックス。

CIMG4665.jpg
ふれあいさなだ館の真田温泉で、汗を流して疲れをとるぞー。それにしても、この辺りは、真田の名前のお店がいっぱいです。さすが名将・真田昌幸、真田幸村をはじめとする戦国武将の真田氏が築いた城下町です。

CIMG4668.jpg
キャンプ場に戻ってきました。今日もレタスを一玉もらいました。
四阿山(右)と根子岳(左)を見ながら乾杯!いい景色です。

CIMG4673.jpg
今日は明るいうちにバーベキューです。

CIMG4675.jpg
今日はシーフードがメイン。写真はホタテ。さんまの塩焼きは最高でした。

CIMG4676.jpg
地酒、天法。

まさか、こんなに天気が良いとは思わなかったー。本当に北アルプスの景色はすばらしかった!
ところで明日はどこを観光しようかな。

ブログタイトル「美ヶ原」に続く・・・

守門岳(大岳)

CIMG4297.jpg
2011年9月3日(土)
守門岳(すもんだけ)に行ってきました。
保久礼(ほきゅれい)小屋→キビタキ小屋→不動平→大岳→不動平→キビタキ小屋→保久礼小屋

前十字靱帯断裂(両膝)の再建手術を行った友人の復帰登山として、1泊2日で尾瀬に行く予定でしたが、台風の影響で尾瀬を歩くことは不可能と判断。そこで、フェーン現象により唯一晴れが見込まれた、新潟県の山に行くこととしました。

CIMG4248.jpg
東京を出発して群馬県北部では雨が降っていましたが、新潟県湯沢を越えると、なんと晴れです。魚沼市で見た虹。

CIMG4250.jpg
保久礼登山口へ向かう途中の道路。うおっ、大丈夫か!道路を点検した上で安全を確認し、無事通行。

CIMG4251.jpg
猿倉橋駐車場。

CIMG4253.jpg
8時10分、保久礼登山口の駐車場に到着。
駐車場の砕石は、いい石使ってるなー。

CIMG4254.jpg
8時30分、保久礼登山口を出発。目の前の大岳を目指します。

CIMG4255.jpg
保久礼小屋。

CIMG4258.jpg
最初は、ひたすら階段を登ります。

CIMG4260.jpg
展望台からの日本海方面の景色。

CIMG4261.jpg
9時15分、キビタキ小屋。将棋の駒のような形。

CIMG4266.jpg
滑りやすい粘ディーな土を登ります。

CIMG4269.jpg
第2展望台からの景色。天気予報以上の良い天気で、終日晴れていました。

CIMG4278.jpg
10時25分、不動平。

CIMG4283.jpg
ちょっと道をそれて、天狗清水の水場に向かう途中にあった洞窟???
天狗の棲?

CIMG4288.jpg
不動明王。

CIMG4289.jpg
山頂までもう少し。

CIMG4291.jpg
10時50分、標高1432M、守門岳の大岳山頂に到着。

CIMG4292.jpg
三角点。

CIMG4293.jpg
にぎやかな山頂です。

CIMG4295.jpg
巣守神社。

CIMG4305.jpg
大岳山頂にて守門岳稜線をバックに記念撮影。

CIMG4299.jpg
なかなかの絶景です。

CIMG4306.jpg
山頂からの景色。

CIMG4310.jpg
11時25分、下山開始。雨が降るかもしれないので、今日はこれで引き返します。

CIMG4314.jpg
下山方向の景色。

CIMG4323.jpg
一部、紅葉が始まってます。

CIMG4324.jpg
滑りやすい粘ディーを無事通過して、あとは階段を下るのみ。

CIMG4325.jpg
13時15分、保久礼登山口に到着。

CIMG4326.jpg
振り返ると雨雲らしきものが。車に乗り込むと、小雨が降り始めました。間一髪!

CIMG4327.jpg
帰りは、魚沼市のコシヒカリ棚田を見ながら平地に下ります。(棚田に見とれていて絶景写真を撮り忘れ、残念!)

CIMG4328.jpg
湯之谷薬師温泉センター ゆーパーク薬師の温泉に立ち寄り。
露天風呂は変わり湯で、本日はウコン湯でした。

この後、安くて美味しくてネタ数豊富で有名な回転寿司「氷見きときと寿司」で寿司を食べるため、わざわざ日本海に出て、上越の方に移動します。

CIMG4331.jpg
前方に見えるのは、大河ドラマ「天地人」に出てくる上杉謙信、上杉景勝の居城・春日山城がある春日山。

CIMG4334.jpg
18時、新井パーキングエリアに併設されたあらい道の駅にある、氷見きときと寿司に到着。「きときと」とは越中富山の方言で「新鮮」という意味です。

CIMG4335.jpg
噂にたがわぬネタ数の多さにビックリ!とても回転寿司とは思えないネタです。写真は「炙りぎんだら」と「うに」。本当に美味しかったー!!

しかし、調子に乗って寿司を食べすぎたせいで、車中で腹痛に襲われました。間一髪で耐え抜き、上信越自動車道の松代パーキングエリアでトイレに駆け込み、難を逃れました。(みなさん、車中では御心配をおかけしました)

全国的に台風で天候が荒れている中、予報どおり新潟県は終日晴れており、いい天気でした。フェーン現象、予想どおり当たりました。いやー、久しぶりに心安らかな登山ができて満足です!
そして、友人の復帰登山が何事もなく終えて、何よりです。
プロフィール

なびょん

Author:なびょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。