FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳・穂高

P1040996_convert_20100809021529.jpg
2010年8月6日(金)~8日(日)
槍ヶ岳、穂高連峰の縦走に行ってきました。
第1日
沢渡→上高地→横尾→槍沢→槍ヶ岳→槍ヶ岳山荘
第2日
槍ヶ岳山荘→大喰岳→中岳→南岳→南岳小屋→大キレット→北穂高小屋→北穂高岳→涸沢岳→穂高岳山荘泊
第3日
穂高岳山荘→奥穂高岳→前穂高岳→岳沢ヒュッテ→上高地→沢渡

P1040897.jpg
2010年8月6日
市営第二駐車場(さわんど駐車場)に車をデポして、タクシーにて上高地バスターミナルに移動(5時10分到着)。

P1040898.jpg
5時20分、槍ヶ岳を目指し、いざ、出発!

P1040900.jpg
上高地の名所、河童橋が見えてきた。

P1040901.jpg
河童橋から見た穂高連峰の景色。

P1040904.jpg
あっ、猿の群衆。人間慣れしてるなー。

P1040905.jpg
6時10分、明神館に到着。
お腹も空いきたので、ここで朝食。

P1040906.jpg
今日は結構キツイ山行なので、恒例の登山安全祈願はせず、穂高神社奥宮はスルー。
(ちょっと残念)

P1040907.jpg
しばらくは、穂高連峰の一つ、明神岳を左手に見ながら歩きます。
天気も良さそうだ。

P1040908.jpg
7時5分、徳沢園に到着。

P1040910.jpg
7時55分、横尾に到着して休憩。
以前、大変お世話になった横尾山荘。主人も元気そうでなによりです。
回顧録
「昨年、槍ヶ岳を目指し燕岳方面(中房温泉)からの表銀座縦走を試みた。しかし、暴風雨のため、初日に燕山荘、2日目に大天井までしか進めず、槍ヶ岳を断念。暴風雨の中、稜線を歩くことは2度としないと誓った(死ぬかと思った・・・)。ついに気が狂い、晴天の3日目に、無謀にも大天井から常念岳を経由して上高地を目指したが(予定コースタイム12時間30分)、当然ながら無理である。結局、到着があまりにも遅いと判断した横尾山荘の方が心配して登って来て下さり、足を痛めた友人のザックを運んでいただき、20時過ぎに命からがら山荘到着(私にいたってはヘッドランプを持ってくるのを忘れる始末)。主人から遭難寸前という言葉を頂きました。友人の膝には水が溜まってはれ上がり、下山後に膝の水を抜く結果に(軽度の半月板損傷)。・・・という苦い思い出がありました。横尾山荘で夜飲んだビールの味(美味かったー)は今でも忘れません。」

P1040909.jpg
横尾大橋。この橋は渡りません。

P1040911.jpg
梓川。クリームソーダのように綺麗な色。

P1040912.jpg
9時30分、槍沢ロッヂに到着。
あ、暑い!缶ジュースを飲んで休憩。

P1040914.jpg
10時25分、赤沢岩小屋。
日陰がなく、槍沢はとにかく暑い!
川に浸したタオルで首筋を冷やし、熱中症をなんとか防いだ。

P1040916.jpg
10時50分、大曲り分岐。

P1040917.jpg
いよいよ北アルプスらしくなってきた。

P1040918.jpg
12時5分、天狗原分岐。
なかなか槍は見えてこない。

P1040920.jpg
槍がなかなか見えてこないため、待ちきれない登山者は「不格好だが、奥の尖がった山が槍ではないか」と言っていた(当然違います)。

P1040933.jpg
13時、じゃーん、槍ヶ岳が登場!

P1040930.jpg
槍ヶ岳のアップ。

P1040931.jpg
槍ヶ岳の更なるアップ。

P1040936.jpg
播隆窟(ばんりゅうくつ)。坊主岩小屋。

P1040938.jpg
播隆窟の中。

P1040946.jpg
13時50分、殺生分岐。奥に見えるのは殺生ヒュッテ。

P1040949.jpg
外人さんも頑張って登っている。

P1040961.jpg
14時20分、槍ヶ岳山荘に到着。疲れたー。
まずは、宿泊手続き。今日はリッチに個室です。

P1040963.jpg
ガスで視界は良くないが、天候は大丈夫そうだ。
14時45分、ザックを置いて、槍ヶ岳山頂を目指して出発!

P1040965.jpg
後ろを振り返って見た、槍ヶ岳山荘。

P1040966.jpg
穂先ルートの途中はこんな感じで渋滞。


P1040969.jpg
穂先ルートはハシゴだらけ。
最後の長いハシゴを登ると・・・

P1040980.jpg
槍ヶ岳山頂は混んでるー。

P1040976.jpg
15時5分、標高3180M、槍ヶ岳山頂に到着!

P1040996.jpg
穂先から下山後、山荘前で槍に乾杯!

P1040994.jpg
明日登る大喰岳。奥の方には前穂高岳が見える。

P1050010.jpg
西側から見た槍ヶ岳。

P1050013.jpg
山荘に戻り、槍ヶ岳ワイン(赤)で乾杯!

P1050015.jpg
待ってましたー、夕食。

P1050017.jpg
更に部屋に戻り、槍ヶ岳ワイン(白)で乾杯!
(何回、乾杯をしてるんだ)

P1050018.jpg
酔い覚ましに外に出ると、ガスが消え、昨年登った常念岳が見えた。

P1050020.jpg
19時10分、夕日が沈むのを見届け、さあ寝るかー。

・・・

P1050021.jpg
8月7日
5時に朝食。味噌汁をおかわりして、塩分もバッチリ!

P1050022.jpg
5時50分、槍ヶ岳山荘を出発。
さあ、今日は楽しみにしていた大キレット!先日の八峰キレットは期待を裏切られたので、待ちきれません。

P1050024.jpg
山荘前、かすかなブロッケン現象!

P1050025.jpg
まずは大喰岳を目指します。

P1050026.jpg
しばらくは、笠ヶ岳を右手に見ながらの山行です。

P1050031.jpg
本日2度目のブロッケン!!

P1050033.jpg
6時25分、標高3101M、大喰岳の山頂。

P1050038.jpg
中岳が目の前だ。

P1050039.jpg
7時、標高3084M、中岳の山頂。

P1050046.jpg
南岳が近づいてきた。

P1050047.jpg
8時10分、標高3032.7M、南岳の山頂。

P1050048.jpg
南岳の山頂。

P1050051.jpg
南岳小屋は目の前だ。

P1050052.jpg
8時20分、南岳小屋に到着。

P1050054.jpg
南岳小屋にて、槍ヶ岳山荘のお弁当をいただきます。ちょっと早い昼食ですが、この後の大キレットに備え、栄養補給。

P1050055.jpg
8時50分、目的地の穂高岳山荘に向かって出発!

P1050057.jpg
獅子鼻。

P1050060.jpg
まずは、獅子鼻から大キレットの様子をうかがおう。

P1050061.jpg
いよいよ大キレットに向かいます。
一般登山道としては最難関とも言われています。

P1050064.jpg
最初はこんな感じ。

P1050067.jpg
続いて、こんな感じ。

P1050070.jpg
鎖場を下り、

P1050073.jpg
ハシゴを下ると、

P1050077.jpg
大キレットの底です。
長谷川ピーク、飛騨泣き、北穂高岳が目の前に!
しばらくは、緩やかな稜線。

P1050079.jpg
後ろを振り返ると、南岳小屋から下りてきた道のりがよく見えます。

P1050091.jpg
長谷川ピークはこんな感じ。
ワクワクします。

P1050093.jpg
長谷川ピークはこんな感じ。

P1050094.jpg
長谷川ピークを下る登山者。

P1050100.jpg
A沢のコルに到着。
振り返り、登ってきた長谷川ピークを見て、ちょっと感動。

P1050101.jpg
10時50分、A沢のコル。

P1050098.jpg
次は飛騨泣きに登ります。

P1050111.jpg
飛騨泣きで振り返ると、長谷川ピークの全貌がよく見える。

P1050112.jpg
長谷川ピークを必死で登る登山者。
がんばってー。

P1050114.jpg
さて、こっちは飛騨泣きを登っている最中。
気を抜けません。

P1050117.jpg
崩れそうな岩だ。大丈夫か?

P1050121.jpg
ここは慎重に歩かないと、落ちたら大変だ!
ちなみに、飛騨泣きにて、涙目で写真撮影している登山者がいました。

P1050128.jpg
長い鎖場を登ります。これを登り切れば、一安心。
大キレット楽しかったー。

P1050133.jpg
振り返ると、今日歩んできた道のりがよく見える。槍からここまで来たんだなー。ちょっと感動。
 しかし、大キレットには、期待が大きかっただけに物足りなさを感じました。
 高所が好きな方は、普通に登山経験と体力があれば、全く問題ないと思います。難易度は、北アルプスの他の山とかわりないと思います。
(極めて個人的感想)

P1050135.jpg
奥から、たぶん、槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳。

P1050138.jpg
飛騨泣きを越えてから、北穂高小屋までの登りも結構キツイ。

P1050141.jpg
12時10分、北穂高小屋に到着。
ここで大休憩と栄養補給。

P1050144.jpg
12時45分、標高3106M、北穂高岳山頂に到着。

P1050148.jpg
結構急な雪渓。ほとんどの人が滑って転びかけていました。

P1050150.jpg
常念岳がよく見えます。

P1050162.jpg
前穂高岳(左)、奥穂高岳(右)、ジャンダルム(右端)が見えてきた。
涸沢カールも見ごたえあり。

P1050152.jpg
ジャンダルム。

P1050156.jpg
振り返ると、槍が見守っている。

P1050154.jpg
次は涸沢岳(写真中央)を目指します。奥に見えるのは奥穂高岳。

P1050158.jpg
おっ、ロッククライマー!
登っている最中に気分が悪くなったら・・・と思うと、自分には無理だな。

P1050165.jpg
鎖場を下ります。
涸沢岳への登山道は、結構キツくて長い。

P1050177.jpg
最低コル

P1050183.jpg
延々と続く登りの鎖場。

P1050184.jpg
鎖場を登るちょっとバテ気味の登山者。

P1050188.jpg
雷鳥の親。
子供を守るため、必死に鳴いて威嚇していました。

P1050187.jpg
雷鳥の子。

P1050197.jpg
15時20分、標高3110M、涸沢岳山頂に到着。
休憩!
ここで、今朝、双六小屋を出発して来たというオヤジと出会う。その話を聞いて、周りの人は皆ビックリ。「君たち槍ヶ岳山荘から来たのに疲れてるのー。若いのにだらしないねー。」と言われてしまった。この双六オヤジ、あまり情報を持たないままジャンダルムに行くらしい。この人なら行けるだろう。

P1050196.jpg
涸沢岳山頂から見たジャンダルム。
近いうちに必ず・・・。

P1050199.jpg
涸沢岳山頂から見た奥穂高岳(左)とジャンダルム(右)。手前は、今日の宿、穂高岳山荘。

P1050201.jpg
涸沢岳山頂から見た前穂高岳(左)と奥穂高岳(右)。

P1050209.jpg
涸沢岳山頂から見た、今日登ってきたルート。

P1050212.jpg
15時50分、穂高岳山荘に到着!

P1050216.jpg
今日泊まる穂高岳山荘。今日もリッチに個室です。

P1050215.jpg
山荘から見た涸沢岳。

P1050217.jpg
赤ワインで乾杯!

P1050218.jpg
18時15分、夕食。

P1050224.jpg
夕暮れ時の景色。雲海から見える常念岳山頂。
今日もグッスリ寝るぞー。

・・・

P1050230.jpg
8月8日
4時55分、御来光を拝んで、今日も頑張るぞー。

P1050235.jpg
あっ、虹だ!

P1050245.jpg
5時20分、朝食。

P1050246.jpg
6時10分、奥穂高岳に向けて出発。

P1050252.jpg
富士山だ!

P1050256.jpg
奥穂の山頂までもう少し。

P1050266.jpg
7時55分、標高3190M、奥穂高岳山頂に到着。

P1050267.jpg
穂高神社。

P1050258.jpg
奥穂高岳山頂から見た、昨日登ったコース。

P1050257.jpg
奥穂高岳山頂から見たジャンダルム。

P1050264.jpg
さて、ジャンダルムに行くか!
(冗談です)

P1050271.jpg
見納めの槍の穂先。

P1050274.jpg
さて、次は前穂高岳(写真中央)を目指します。

P1050278.jpg
大渋滞の長い鎖場。

P1050281.jpg
前穂高岳が近づいてきた。
この後、前穂高岳から下りてきた双六オヤジと出会う。かなり息が上がっていた。どうやら、これから奥穂高岳に戻り、ジャンダルム経由で西穂高岳に行くらしい。このオヤジなら行けるだろう。

P1050284.jpg
紀美子平でザックをデポして、山頂を目指します。

P1050287.jpg
9時20分、標高3090M、前穂高岳山頂に到着。

P1050292.jpg
紀美子平に戻り、穂高岳山荘のお弁当、飛騨名物「朴葉ずし」で昼食。

P1050293.jpg
次は、岳沢小屋に向かいます。

P1050294.jpg
雷鳥広場。

P1050301.jpg
岳沢パノラマ。

P1050304.jpg
カモシカの立場

P1050311.jpg
12時、岳沢小屋。
疲れたー。超大休憩します。

P1050312.jpg
13時に小屋を後にして、岳沢に沿って上高地に帰ります。

P1050314.jpg
天然クーラー、風穴。涼しー!

P1050315.jpg
上高地が見えた!

P1050316.jpg
14時25分、上高地に到着。

P1050323.jpg
上高地から見た穂高連峰。
感無量。

P1050327.jpg
14時45分、河童橋のそばで、ブルーベリーソフトクリームを食べて休憩。

P1050329.jpg
河童橋から見た穂高連峰。

P1050330.jpg
河童橋から見た焼岳。

P1050336.jpg
市営第二駐車場(さわんど駐車場)近くにある、ホテル杣乃家の温泉で3日間の疲れをとるぞー。

P1050333.jpg
温泉の露天風呂。
忘れ物をしたような気がして脱衣場に戻ったら、誰もいなかったので撮影。

P1050337.jpg
さあ、信州和牛を食べて、栄養をつけるぞー(松本駅前の焼肉店にて)。

帰りは超超大渋滞でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なびょん

Author:なびょん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。